特定小電力トランシーバーは免許不要なんです

特定小電力トランシーバーは免許不要

イメージ

通常、無線の電波を発生させる機械を使用する時には、日本の電波法に従う必要があります。
そのため、電波を発生させる無線機を使用する人は、所定の知識を身につけた上で、国の認可、すなわち免許を取らなくてはならないことになっています。

 

特定小電力トランシーバーは、単体で無線の電波を発信する機械です。
このため、本来であれば使用に際し免許が必要となるのですが、特定小電力トランシーバーはそれを必要としない、「特定小電力無線局」とされています。

 

これは、便利な無線を広く一般の人が使えるようにするための措置で、免許を取らなくても無線機が使える代わりに、無線機本体が国の定める基準をすべてクリアしている必要があります。
特定小電力無線局で行える無線通信の内容も、法律で定められており、テレメーター、ラジオマイク、無線呼び出しなどがそれに当たります。
特定小電力無線局を無線電話用途で使用するものが、特定小電力トランシーバーというわけです。

 

上記の制度から、特定小電力トランシーバーは免許を必要としませんが、その分、機器の改造や用途以外の使用は固く禁じられています。
無線の電波発信源は容易に突き止められるため、もし、違法な使い方をしていることを察知された場合、すぐに特定されてしまうと考えたほうが良いでしょう。

 

ネットオークション等では、こうした違法な改造を施した特定小電力トランシーバーが売買されていることもあるので、注意が必要です。