レーザーマーキングの技術

アイテムを自分の好みにするレーザーマーキング

アイテム

 レーザーマーキングやレーザー刻印ででイラストを刻印した時のメリットは主に消えない、剥がれないこと、また何より繊細な表現が可能なことが挙げられます。どんな仕組みになっているかというと例をあげるとプラスチック樹脂は素材表面を薄く焼きます。
印刷と違いインクを使わないのがはげない、消えないという種明かしになるのです。
具体例をあげます。例えばあなたがイラストを描くのが好きだったとします。
そのイラストを自分がいつも使うアイテム、例えば携帯電話などのケースがいいと思います。
皮でできたケースならマーキングが可能なので自分のイラストを刻印することが
可能なのです。かなり微細な表現は可能ですがマーキング機械の仕様や素材により表現出来る細かさは変わってきます。
しかし問題は色です。レーザーマーキングは表面を焼くので仕上がりが単色になるのです。
ここが残念なところです。よくレーザーマーキングを施工する会社でもカラーで可能という
ところがありますがその場合も単色になります。
形は微細なところ迄表現できるけど、さすがに色迄は表現できないということです。
それでも形や文字などは表現できるのであなたのお好みのアイテムにアクセントをつけることは
可能です。


レーザーマーキングの業者に依頼する時注意すること

イメージ

 

自分の好みのイラストやロゴ文字をアイテムに刻印することのできるレーザー
マーキングですが、

 

特にプラスチックなどのレーザーマーキングの場合、素材の特性により左右されているので
結果がそうなるかわかりません。当然失敗することもあるのです。
焼きこむのですから、失敗した場合消すことができないのです。つまり一回勝負。
だから、指輪や貴金属など高額なものはやはりやめておいた方がいいかもしれません。
レーザー刻印の業者も高額な品物や貴重な物への加工は御断りしているところが多い
ようです。