特定小電力トランシーバーは2台セットで

特定小電力トランシーバーは2台セットで

イメージ

特定小電力トランシーバーは店頭やインターネット通販などで比較的簡単に手に入ります。
だからといって、考えなしに買ってしまうと結局損をしてしまうことにもなりかねません。

 

特定小電力トランシーバーの買い方のルール、その一つが、最初は2台セットを購入する、という点です。
当然のことですが、特定小電力トランシーバーは通信機器です。
こちらから発信しても、それを受けてくれる相手がいないことには始まりません。

 

また、特定小電力トランシーバーを利用する際にはチャネル設定やグループ設定が必要なことがあります。
同じ機種でないとこの設定がうまく行かず、通信がスムーズに進まないこともあるのです。

 

そこで、最初は2台セットになっている機種を購入し、使い方に慣れることをおすすめします。
2台セットを複数買って台数を増やすのも良いですね。
もともとセットになっているものですから、通信ができないというリスクを回避できるので安心です。

 

ネット通販などでは同じ機種でも2台セットのものと、1台のみで売っているものがあるので注意しましょう。
もちろん、2台セットのほうがトータルのお値段は高くなりますが、1台あたりの値段はオトクになっていることがほとんどです。

 

また、セット商品だとインカムなどのオプション品がパックに含まれていることもあり、痕で揃える必要がないので便利です。
ある程度使い慣れてきて、台数を増やしたいなと思ったら、単体で購入することも可能です。