初期費用を抑えるバーチャルオフィス

初期コストをを抑えて起業できるのがバーチャルオフィスなんです

電話

 

起業にはお金がかかります。

起業に成功する秘訣はといえば、まずは出ていくお金を抑えること。使わなければならないことにはお金を使わないといけないでしょうが、やはりお金を抑えることが基本です。その中でこれから起業や独立を検討しているけど、コストを抑えたい方には朗報なのがバーチャルオフィス。バーチャルオフィスなら最低限のオフィスのインフラがそろっています。その名前の通り、バーチャルなので仮想空間なのですが、とにかく安く使えるので、起業するひとつの手段としてその活用方法を徹底紹介します。是非起業の際には検討してくださいね!

 

バーチャルオフィスの特徴

1法人登記が可能なんです

バーチャルオフィスが提供している住所や電話番号で法人登記も可能。事業を成功するにあたっては、住所の信頼やブランド力が必要なのです。渋谷、新宿、青山、赤坂、銀座など住所が格安に利用できるのが魅力の一つ。もちろん住所
で名刺や会社パンフなんかでつかえるのです!

 

2自宅以外の拠点で住所と電話、FAXが使える

独立や開業にはまず必要な住所と電話番号、FAX番号。バーチャルオフィスではこれらのインフラが簡単にレンタルできるので、自宅で仕事をしているけど自宅の住所や電話番号を使いたくないという人に便利なサービスなんです。

 

3電話代行、秘書代行、記帳代行などアウトソーシングサービスが豊富

バーチャルオフィスにより、電話代行や秘書代行記帳代行、税理士紹介などやフリースペースと会議室の利用、郵便物の転送サービスなどビジネスに必要なインフラとサービスを提供しています。ビジネスに必要なサービスもうそうなのですが、起業相談までしているところもあるのです。やはり相談相手がいることは初めての起業等ではとても重要
以上のようなサービスを提供しているので自分に最適なサービスを提供しているバーチャルオフィスを選ぶことができます。


池袋や大塚で起業したい方のおすすめ

東京大塚で、バーチャルオフィス(住所貸し)を月額2100円で運営しています。大塚や池袋などで登記をご検討されている方にとりましては、起業や出張所SOHOとしてお役に立てください。
今後更に、複数の拠点を機能的なオフィスとして随時展開してまいります。