特定小電力トランシーバーを使いましょう、

特定小電力トランシーバーって何?

特定小電力トランシーバーってご存じですか?
一般的な日常生活を送っていると知る機会は少ないかもしれませんが、レジャーやサバイバルゲーム、緊急性の低い業務などで使用されているトランシーバーのことです。
よく、イベント会場や大きめのレストランなどで、スタッフがトランシーバーで通信しているのを目にしますが、あれも、特定小電力トランシーバーを利用している事が多々あります。

 

特定小電力トランシーバーの正式名称は、無線電話用特定小電力無線局。
何種類もある無線局の中野、特定小電力無線局と呼ばれるものの一種で、通信に400MHz帯を使用し、比較的短い距離の間で音声通信を行うための無線機です。
使用する際に資格がいらず、機器事態が比較的安価なため、アマチュアの間に広く浸透しています。

 

免許のいらない特定小電力トランシーバーは、レジャーや業務など、幅広い場所で活用されているのですが、空中線の電力が最大10mWなので、あまり遠距離の相手とは通信できないこと、その手軽さから多くの使用者が周波数を共用しているせいで、通信を行いたいときにチャネルがいっぱいで通信できない可能性があること、通信の秘匿性が他の業務無線より低いこと、などのデメリットから、緊急性の高い場面ではあまり使用されません。

 

それでも、アマチュアがちょっとした業務やレジャーで使用するには必要不可欠な特定小電力トランシーバー。
その特徴や使い方を理解することで、よりレジャーの楽しみを広げることができるようになります。

特定小電力無線とトランシーバー

特定小電力トランシーバー・小電力無線機の特徴は初めての方でも簡単に使える ことが特徴です。スタッフ同士の密なやりとりなビジネスの現場で即戦力に なります。 使用例としては下記が挙げられます

 

レストランの飲食店

 

女性スタッフでも手軽に簡単に利用できます

倉庫

広い倉庫ではスタッフの連絡に無線やトランシーバーは必要不可欠! また荷物を運んだりもったりするので無線機やトランシーバーもできるだけ 小さいのが使いがってがいいです

小売店

最近では大型の小売店が増えてきました。ホームセンターやスーパー等で 在庫の確認、防犯、お客様の案内で無線・トランシーバーは重宝します。 バックヤード間でのスムーズな連携を促進するのが無線機の役目です。

特定小電力の良いところ

免許や登録の申請が不要でだれでも簡単に使えるというのが特定小電力無線トランシーバーのよいところ。だけど当然申請や登録が無い代わりに電波の発信出力が弱いというのが 大きな問題なのです。送信出力10mW。これはアマチュア無線や業務用の本格な簡易無線からすれば非常に小さい出力といえます。車で例えると軽自動車とベンツ以上の開きがあります。 よくいわれているのが200メートルから500メートルほどただこの通話距離は環境によりだいぶ異なります。通話エリアは届く電波の距離もより、むしろ周囲に障害物により左右されるか もしれません。 では電波を強くするにはどうしたらいいのか?すぐに思いつくのはアンテナです。無線機全般に言えることなのですが、アンテナにより電波や通話エリアもだいぶ変わります。 しかし特定小電力トランシーバーの場合、本体にアンテナを外付けしたりするのは法律違反になる。アンテナを長く伸ばすことができれば、送信・受信とも感度がよくなるなるのですが 、それは違法ということ。 ではどうすればいいかというと、できるだけ通信距離の範囲が広く届くには買い方が大事ということです。通信可能距離にこだわるなら、本体の送受信性能が良いことはもちろん、アン テナが短い機種などを避けることがまず大切です。 通販では試せないがショップ等言った時は是非試して購入された方が無難ですね

イメージ

一般的的に業務用無線機は工事現場、物流、警備、イベント、学校 、防災等ビジネスでよく使われています。但し免許局に申請が必要になるので
あまりお手軽という感じではありません。それなので、特定小電力トランシーバーが意外とよく使われています。
特定小電力トランシーバーとは何かというといわゆるインカム・トランシーバーということになります。
通話距離が短い場合、一般に免許不要なトランシーバーがよく利用されているのです。しかしトランシーバー(インカム)で交信距離が足りない場合があります。また混線なども起こり易いのです。そこでおすすめなのがデジタル簡易無線の登録局タイプです。通常無線機というと免許の申請が必要ですがこちらのタイプなら免許が不要です。呼び名として『デジ簡』と呼ばれています。登録局への登録申請だけで利用できるのです。利用の用途はレジャービジネス問いません。法人に限らず個人の方でも利用できるのです。登山、レジャー、 イベン小売店、飲食の等ビジネスの現場において利用頂けます。
デジタルということでクリアな音声ですが、なにより5Wの出力です。電波が良く飛びますので特定小電力トランシーバーだと
繋がらない場所でもつながる可能性が高いのです。


デジタル簡易無線(登録局)の推奨機種は3点です。

イメージ

 

@TPZ-D503 ケンウッド
ケンウッドのデジタル簡易無線です。録制度に対応したデジタル簡易無線機TPZ-D503は、簡単な申請手続きだけで利用できます。登山やキャンプなどのアウトドアスポーツ/レジャーにも利用できます

 

 

AVXD20 スタンダード
携帯型350MHz帯 5Wハイパワーデジタル簡易無線機です。5Wハイパワーデジタルトランシーバーアウトドアでのレジャーやスポーツイベント活動を 快適な通信でサポートするハイパワーデジタル無線です。
その他のスタンダード無線機はこちら

 

BアイコムIC-DPR5

 

アイコムの携帯型デジタルトランシーバーです。
仕事などの業務用はもちろんレジャーなどの目的でも使えます。